静岡デリヘルなび


お気に入りの高級デリヘル嬢

俺はなかなかプライベートの時間が作れないくらい忙しいけど、日本に帰ってくると必ずお気に入りの高級デリヘル嬢と一夜を過ごす。なぜ、高級デリヘルなのかと言えば、そこに在籍しているお気に入りの風俗嬢と過ごす時間が楽しみだから。俺が日本に帰ってくる理由というのは、彼女と過ごす一夜が大金を払ってでも価値があると思っているから。ちなみに、俺がいつも指名しているお気に入りの風俗嬢はエッチがうまいわけではない。たぶん、エッチのテクだけでいけばもっとうまい女性はたくさんいるし、可愛い女性だって星の数ほどいるはず。でも彼女と一緒にいると、すごく安らぐし落ち着くんだよな。彼女が俺の横にいてくれて、たまに膝枕をしてもらったり甘えさせてもらったり。ちょっと、デリヘルって感じがしない関係かもしれないけど、俺はこれで満足している。たまには、フェラやテコキをしてもらって射精することもあるけど、エッチはなくても全然かまわない。それだけ、俺にとっては高級デリヘルが大事だし、彼女が一番のお気に入りなんだ。

フェラテクが激しい風俗嬢

エロくてヤバくて激しいエッチがしたいと思って、俺はデリヘルのホームページにアクセスした。でも、実際に風俗嬢の写真を見て気づいたんだけど、デリヘルって結構健全なエッチばかりなんだよな。そのため、俺が考えているようなプレイとなると対応してくれる風俗嬢が極端に少なくなる。それでも、今回アクセスしたホームページに俺好みの女性がいたので、彼女を指名して予約した。一緒にシャワーを浴びているときに、俺は彼女のお尻を触った。プリッとしてすべすべしているお尻ですごく感触が良かった。バスルームで彼女のお尻をペロペロ舐めていると、なぜかシックスナインの態勢になってお互いの敏感な部分を舐めた。俺は彼女の愛液が溢れるところを重点的に舐めて、彼女は俺の男根をいやらしく舐めてくれた。俺は、たまに彼女のお尻に指を入れようとしたが、彼女はお尻を振って抵抗した。しかも、お尻を触ろうとするたびにフェラを強めてきて、結局彼女のテクの前で射精してしまった。